ふくしま 11/3/11 @モルターニュ・オ・ペルシュ から帰ってきました

2016年3月11日-、4日間という弾丸ツアーになりましたが、フランス、モルターニュ・オ・ペルシュへ行って
「ふくしま 11/3/11」に参加。
おかげさまで無事帰国いたしました。
作品も4月半ばに無事帰国。

 6月か7月には、神戸・ギャラリー島田にて加川プロジェクトの一環として、今回のフランス展の報告会を予定しております。

フランスでの様子は追って、
当HPやブログにてご報告致します。

11/3/11 FUKUSHIMA à FRANCE 

 

 

 

 

 

 

“ふくしま artists 11/3/11”

フランス・モルターニュ・オ・ペルシュにて

  

企画趣旨:フクシマのようなカタストロフはどこでも頻繁に起こっている。そんな現実の中で、「生きるとは?」と純粋に問いかけることが

アーティストの<役目>なのではないか?

今いるメンバー20人ばかりは全員貧乏で、その日暮らしに近い状況の中で、「今、自分達で出来る事」に全力をそそいでいます。

 

 

 

 

 

【作家】

アンドレ・ブスタマンテ (チリ人)

アナ・マリア・フェンサリダ (チリ人)    

イザベル・マヴィット (フランス人)

ジャン・ピエール・マヴィット (フランス人)

ペーター・ニム (ドイツ人)

ジャン・フランソワ・ローラン (フランス人)

俵 典子 (日本人)

マーク・ヴレイ (フランス人)

ジェーン・ウィルキン (イギリス人)

みちこ (日本人)

山田 晃稔 (日本人)

 

日本から

加川広重

石井誠

 

年末恒例!絵本カフェholo holo ジャック!展

 

20151224日(木)‐2016228() 

 

AM11時~PM7時

 

休業日:1231日、11日、毎週火曜、第3水曜(1230日、124日は短縮営業)

 

 

○会場

 

 絵本カフェholo holo   

大阪市浪速区難波中2725

 

 Tel 06-4396-8778 

 

 

 

石井は「生」と「死」とはなにかということを、制作の原点としてして追及し続けました。「生」と「死」が表裏一体、「死」があるからこその「生」。。。

 

その「生」は、無邪気でカラフルな日常生活でもありました。

 

いつもholo holo個展では、純真で楽しい力を出すことができます。

 

自由で楽しいパワーを、是非!!

 

 

 

 

 

テレビ放送のお知らせ

城崎・兵庫県立円山川公苑美術館「生」展、

神戸・アートスペースかおる「石井誠が神戸で出会っ展」、


初夏、作品たちも生き生きと力を放っています。


皆様たくさんの方にお越しいただき、ありがとうございます。

また、多くの方々のつながり、想い、お力に支えられ、個展を開催できていること、心より感謝致します。




石井が生前より円山川の展覧会に向け取材していただいておりました、特集が来週放送予定です。




*朝日放送 『キャスト』*


5月19日(火)18:15-


この中で、特集していただきます。

石井誠のインタビューもあります。


是非、ご覧ください。



NHK日曜日美術館(日曜日朝9時〜)では

5月24日(日)9:45からのアートシーンで紹介されます。


皆様是非ご覧ください。


また情報拡散は是非!よろしくお願い申し上げます。

アートスペースかおるにて 石井誠が神戸でであっ展 2015年4月25日(土) ~ 7月5日(日) ※日曜日のみ開廊

開廊日 ※日曜日のみ

 4月26日

 5月3日

 5月10日

 5月17日

 5月24日

 5月31日

 6月7日

 6月14日

 6月21日

 6月28日

 7月5日


開廊時間

 11:00~18:00 ※最終日は17:00まで


アートスペースかおる

HP: http://www.kcc.zaq.ne.jp/dffts904/

Tel: 078-242-8770


兵庫県立円山川公苑美術館にて 石井誠「生」展 2015年4月25日(土) ~ 7月5日(日)

生は生たりえるか。実直に、無邪気に、時に神々しく、時に怯みながら、ただ生を確かめ、試し、証明するために書く。

 

この作品群は、ただ純粋に生きる事を課せられた石井誠の生身の生そのものである。

 

一瞬一瞬、花のように墨に散り咲く書を遺し、彼はまさに今、土となり花となり、樹となり、自身の書した生を遥かに超え...

 

彼の書を目の前に、私たちは来たるべき、死の時までの自らの生を噛みしめるだろう。(紹介文より)

 

兵庫県立円山川公苑美術館

HP: http://www.maruyamagawa.com

Tel: 0796-28-3085


2015年4月25日(土) - 7月5日(日)

開館時間: 9:00~17:00

休館日: 4月27日(月)


その他詳細は上記HPよりご確認ください

木下晋.石井誠 「生と死を凝視して」3月7日-3月18日

石井は繰り返し、「花」を書いた。ひとときで散り、小さな種を産み、あたえられるままに土に包まれて、また芽吹く花。嵐のように止んではまた襲いかかる病の波に沈黙し、もうだめだと筆を置く。かと思えば美食に喰らい付く。そして取り憑かれたように紙に墨をぶつける。彼の生のなかで、書くことは、ただ純粋に花が咲くように、生きることの延長にあったのだと思う。
そしてまた彼の生の力が、作品を通し、目にして下さる方の心に種を落とすことができればと切に願う。 井川 朋子
墨と鉛筆だけで表現する極限の生死。石井誠は自らの先天性筋ジストロフィーと闘いながら全霊を込めて「生死」を墨で大書した。木下晋は瞽女・小林ハルやハンセン病・桜井哲夫の生死水際の姿を鉛筆で描いた。その二人がフランスへ招かれ旅立つこととなった。しかし2014年11月11日に石井さんは彼岸へ旅立ち、フランス展はテロ問題で先行きが見通せない事態となった。しかし、生と死の深淵を凝視した二人の作家を魂が交錯したこの場で是非、ご覧いただきたく、企画いたしました。                       島田誠
B1F 3/7(土)~ 3/18(水)  12:00~19:00
*火曜日は ~18:00、最終日は ~17:00
■関連企画
第287回土曜サロン 「命を見つめて」作家トークと交流会
3/7(土)18:00~20:00 申込不要・無料

井川 朋子

HOME

お知らせ

大阪.絵本カフェholoholoにて、今年も始まりました 石井誠 「生」展 2014年12月21日(日)-2015年1月31(月)

 生は生たりえるか

生き続ける作品を

ぜひご覧ください。


絵本カフェholoholoURL http://ehon.cafe-holo-holo.com/

大阪・絵本カフェholoholoにて石井誠展 2014.10.2(木)-10.13(月)

「花」 2014
「花」 2014

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年10月2日(木)-10月13日(月)

大阪・絵本カフェholoholoにて個展をさせていただきます。

 

純粋に書き連ねた作品たちです。

渾身の「花」や絵画をぜひご覧ください。

 

 

絵本カフェholoholo

URL http://ehon.cafe-holo-holo.com/

 

2014.9.1(月) NHK Eテレ 「ハートネットTV」に出演

「月」 2014
「月」 2014

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

NHK Eテレ「ハートネットTV」 ブレイクスルー

File12『生』の証を叫ぶ  にて書道家 石井誠が特集されます。

 

私はただただ、書いて(描いて)しまうのです。

その理由をみなさんに伝えたい。

ぜひご覧ください。

 

 

9月1日(月) 午後8時-8時29分

9月8日(月) 午後1時5分-1時34分

URL http://www.nhk.or.jp/heart-net/tv/

 

 

石井誠展 atギャラリー島田 2014.2.22-3.5

「Now,from here」 atアートスペースかおる 2013.6.1-3,8-10

「生の転位」 at麻布十番ギャラリー 2013.4.17-29

石井誠展 at東京・アートコンプレックスセンター 2012.10.23.28

石井誠展 atギャラリー島田 2012.7.14-25